男もアンチエイジング!ターンオーバーを促進するスキンケア

Anti-aging
男のアンチエイジングについて今回も書かせて頂こうと思います。

老化の中でも男の顔に顕著に表れてしまう、シミやシワ。
特に紫外線の強い日などはその老化は一気に進んでしまいます。

加えて男性の肌は乾燥しがちなため「スキンケア」には女性同様に気を配る必要がありますね。

この記事では肌の老化のメカニズムを解説し、アンチエイジングとして効果的なスキンケアの方法を紹介させていただきます。

以前、記事にさせていただいた「男も日焼け対策!肌に優しいおすすめオーガニック日焼け止め5選!」と「男もアンチエイジング!老け顔の特徴と予防策」も合わせて読んでいただければ幸いです。

スポンサーリンク

肌のシミ、シワはどうして出来るのか?

シミが出来るメカニズムを説明する上で、まずメラニンのことを知っておく必要があります。

メラニンとは肌や髪、瞳の色を構成する黒色の色素のこと。そしてメラニンには紫外線から皮膚の細胞を守るという働きがあります。

つまり紫外線を浴びると皮膚を守るためにメラニンがつくられるのですが、シミが発生するのは局所的にこのメラニンが過剰に作られてしまうことが原因なのです。

通常は皮膚の新陳代謝「ターンオーバー」によってこのメラニン色素を含んだ細胞は剥がれ落ち肌は元の色に戻ります。

ところが年齢を重ねることで紫外線ダメージをためてしまうとメラニンが過剰に作られ続けるためターンオーバーが滞ってしまい、本来排出されるべきメラニンが肌にとどまり蓄積され「シミ」となってしまうのです。

《シミのメカニズム図解》

では小ジワについてはどのようなメカニズムで出来るのか?

大きなシワやたるみは筋肉の衰えによって重力に逆らえず徐々に深く刻まれてゆくことが知られていますが、小ジワは肌の劣化によって起こります。

その劣化については大きく二つ、肌の弾力と水分保持力の劣化です。

それらは加齢によることはもちろんなのですが、紫外線や気温、湿度などの外的要因によっても影響を受けてしまいます。

中でも乾燥によるシワを乾燥ジワ、紫外線によるシワを紫外線ジワと呼び、加齢による弾力の低下と繰り返される顔の表情によって刻まれてしまうシワを表情ジワと呼びます。

  シワの原因 シワの程度 シワが出来やすい部分
乾燥ジワ(表皮ジワ) 気温と湿度による肌乾燥 浅く細かいシワ 目じり、口元
紫外線ジワ(真皮ジワ) 紫外線による肌ダメージ 深く目立つシワ 目に下、ほうれい線
表情ジワ 加齢による肌の弾力と水分保持力の低下、表情の癖 表情を変えると目立つシワ おでこ、眉間

肌のシミ、シワに効果的な対策とは?

前述しましたとおり、シミの主な原因としては加齢(肌の弾力と水分保湿力の低下)と紫外線、シワの主な原因としては加齢と乾燥そして紫外線ですね。

既にお気づきかと思いますがシミとシワの共通の原因としてあるのが紫外線です。そのため紫外線を予防することはシミとシワどちらにも効果があると言えますね。

そしてそんな紫外線を、肌は乾燥するほどにどんどん吸収してしまいます。加齢によってもたらされる肌の水分保湿力の低下や、高温で乾燥した環境の中での活動などに対して事前に保湿することも、シミとシワを防ぐ効果的な対策と言えるでしょう。

では具体的な対策としてどのような方法があるのでしょうか?

それは女性にとってはごく当たり前のことかもしれませんが、いわゆる「スキンケア」をきちんとするということ。

日差しの強い日には直接肌を日差しに晒さないようにし、乾燥しがちな天気の日にはあらかじめ保湿対策をしておく。

例えば外出する際には顔に日焼け止めを塗ったり、お風呂上がりに保湿性の高いフェイスパックをしたり、こまめに保湿クリームを塗ったりすることなどですね。

「お肌の曲がり角」と男性向けスキンケア

スキンケアは特に若かった頃は「男性だから」という理由であまり気に留めなかったことだったかもしれませんが、年齢を重ねれば男性の肌もどんどん老化していきます。

ちなみに男性の「お肌の曲がり角」は30代半ばと言われていますので、アラフォー男性の方は特に注意した方が良さそうです。

また一般的に男性の肌は女性と比べても水分量が半分程度しかなく水分保持力も低いため乾燥しやすいと言われています。

肌のターンオーバー(新陳代謝)を促進させるためにも男性と言えど、保湿と紫外線には十分注意し日頃からこまめなスキンケアを施したいところです。

とはいえ、女性がするようなフェイスパックやエステ通いは日常的にお化粧をしていない男性にとってはなかなかハードルが高いのも事実です。

そこで男性でも手軽に出来る、シンプルスキンケア習慣と肌に優しいスキンケア用品を紹介したいと思います。

きちんと洗顔をしよう
起床時と入浴時に洗顔することで肌を常に清潔に保つことでニキビや毛穴の汚れなどを予防しましょう。洗顔料に肌の潤いを保つための保湿効果があるものを選べば一石二鳥ですね。
男性用洗顔料の「THREE(スリー) フォー・メン ジェントリングフォーム 80g」はさっぱりとした泡で男性特有のしつこい脂分をきれいに洗い流してくれるのに、もちっとした保湿はしっかりとキープしてくれる優れもの。初めて洗顔料を購入される方にもおすすめです。

普段使いスキンクリームを持とう
自分の肌が乾燥していると感じたら、いつでもどこでも気軽に塗れるスキンクリームを常に鞄に携帯しておくと良いでしょう。手や足はもちろん顔にも塗れるものであれば便利ですね。
「WELEDA(ヴェレダ) メンズモイスチャークリーム 30ml」は脂分が少なめで肌によくなじむ使い心地のデイリースキンケアクリームです。セサミオイルやホオバオイルが肌に潤いを与え乾燥から守ってくれます。

お風呂上がりに保湿しよう
お風呂上がりの肌は水分がどんどん蒸発しすぐにカサカサ肌になってしまうため、できればお風呂上がり後10分以内に保湿したいところです。保湿性の高い肌に馴染むスキンケアを施したいところですね。
「sukin(スーキン) メンズモイスチャーライザー 225ml」 は人工着色料、合成香料など添加物不使用にこだわった保湿乳液で、男性の乾燥肌を優しく潤してくれます。ベタつかない使用感、シナモンとシトラスの香りが気分をリフレッシュしてくれます。

日差しの強い日は日焼け止めクリームを塗ろう
シミ、シワの原因となる紫外線は肌のターンオーバーの促進を妨げる大敵と言えます。夏場などの日差しの強い日にはきちんと予防しておきたいですね。その際、出来れば男性の肌に合った保湿性が高く、白浮きしない日焼け止めを選びたいところです。

ちなみに僕が今、使っている日焼け止めクリームは「MAMA BUTTER UⅤケアミルク60ml SPF30 PA+++」という商品です。ベタベタ感もなく、スッと肌に馴染み、白浮きもしないので重宝しています。

※男の日焼け止めに関しては関連記事で詳しく書かせていただいておりますのでそちらも是非ご覧下さい。

生活習慣を見直そう
肌の状態を保つ上で「しっかり睡眠をとる」ことや「栄養バランスの良い食事」「精神的ストレスを貯めない」ことなど日頃の生活習慣を改善することはとても大事です。

不摂生な生活や、日頃のストレスに心当たりのある方は、お肌のアンチエイジングのためにも生活習慣を見直すことから考えてみてください。

 
まとめ
最後まで読んでいただきありがとうございました!

「男もアンチエイジング!ターンオーバーを促進するスキンケア」いかがでしたか?
肌のメカニズムを知っていただき、正しい男性スキンケアの手助けになれたなら幸いです。

今後も「男のアンチエイジング!」シリーズとして関連記事をまとめていきますので、是非合わせてご覧頂ければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました